最近、主流およびオンラインメディアで多数のセキュリティ侵害が報告され、有名な(そしてそれほど有名ではない)エンティティがオンラインIDとWebプロパティを悪意を持って侵入しました。 座るの? あなたは賭けます。

WIREDマガジン(最高の雑誌のXNUMXつ)の元編集者のXNUMX人であり、ギズモードの元ジャーナリストであるMat Honanは、誰かが彼のiCloudアカウントと彼のTwitterアカウントに侵入したことを発見しました。 マットによると、彼のパスワードは彼が他のどこでも使用しなかった長い文字列のパスワードでした。 その後まもなく、彼のMacBook Air、iPad、iPhoneはすべて侵入者によってリモートワイプされ、それらのデバイス上のデータの多くを失いました。 マットによると、彼は侵入者がApple Tech Supportに電話をかけ、ソーシャルエンジニアリングを行い、自分がMat HonanであるとAppleのスタッフを説得したことを知りました。

Closer to home, a woman received a call claiming to be from a well-known software company, and told her that her computer was being hacked by some intruders, and that she needed to procure a security license. She gave her credit card details, and S$1,300 was stolen from her credit card account.

The Woz, Steve Wozniak, co-founder of Apple, was recently interviewed on cloud computing. I have written about my concerns of the cloud and data stored on the cloud before, and concur with Woz’s comments in the news as well, that “bad things” may happen in the next few years. After all, we all prefer to hang on to important things in our lives, rather than completely trust and relegate authority to a third-party (most, if not all of whom we have no personal relationship with at all).

電話やメールで個人情報を他人に漏らさないでください。 それが重要である場合(たとえば、政府から)、リモートパーティは法的かつ安全な手段を講じてあなたに連絡を取ろうとします。 所有しているすべての機密情報と資産を保護するのはあなた自身の責任です。