あなたはあなたが何にも相当しないと言われたことがありますか? あなたの最高の計画が失敗すると言われたことはありますか? 世界で重要なことを追求するように言われたことはありますか? 友よ、あなたの人生はあなたのものであり、あなたのものだけです。 最善を尽くし、反対意見を無視してください。

Recently, a loved one told me how a young man was chided by a very senior executive with a curt remark equivalent to the effect of “young man, get lost.” The motivated young man was momentarily taken aback, but he bounced right back and said that he was not demoralized, but recognized that he is merely young and he will get somewhere some day.

Coincidentally, I told my family that I have been told more or less the same thing. I was a young man then, just fresh out of the army, and jobless. I applied for hundreds of jobs, whether they were advertised or not. In many of the interviews, I called up the companies “cold” and managed by persuasion and persistence, to get at least an interview.

I took my paltry portfolio and went for this particular interview. This senior executive told me roughly the same things, “Young man, you’ve got nothing there. Your portfolio is nothing.” Being mildly autistic (on hindsight), I was not perturbed, but thanked her nonetheless. This similar experience confronted me time and again, including interviews with many other senior executives of this large organization.

約8年後、私はデジタルパブリッシング、クリエイティブディレクション、ビジネス開発、トレーニングにおいて幅広い実証済みのフィールド経験を持つ急成長中のエグゼクティブでした。 当時は国際マーケティングをしていました。 私は軍から出てきたときにひたすら追求したその大きな組織の別の部隊とのインタビューに招待されました。 私は入ったが、彼らの申し出は私の期待に応えなかった。 断りました。

敬意を表して、流れは変わりました。私は多くの偏見やオッズに立ち向かい、私が定義した達成者の多くを浮かび上がらせました。 単に反対意見を聞くだけでなく、自分がどれほどひどいか、自分のスキルがどれほど劣っているのかを聞くのではなく、自分の興味のある分野を容赦なく積極的に追求し、自分のスキルを磨き、業界の知識を深め、伝統的かどうかにかかわらず一生懸命勉強する-伝統的に。

最後に、私は自分の旅に対して責任を負い、他の誰にも責任はありません。 傍観者による単なる話は、私が達成する必要がある、または達成することを強いられていると感じることから、追加または減算するつもりはありません。 そして、世界はそれが何であるかを定義することはできません、大多数を通して、私に自分のどんな議題も押します。 私の人生は私自身のものであり、私の旅は一人で歩かなければなりません。

あなたにとっても、私にとっても、私たちは人生のいくつかのことに刺激を受けています。 私たちは皆、何かをすることへの強い傾倒を感じており、その過程で多くの場合、他の人のために、世界のために何かをする必要があると判断します。 重要な目標を追求するのではなく、他の人に仕える傲慢で、情熱的で、幻滅している多くの人々に思いとどまらないでください。

社会奉仕や社会奉仕を追求せざるを得ない場合は、そうしてください。 より高い召しを追求するために何らかの方法で刺激を受けたと感じた場合は、それを実行してください。 アートに情熱を感じる場合は、スキルを磨き、才能を伸ばしてください。 起業家精神の孤独で危険な道を歩むために、企業の型から抜け出さなければならないという衝動を感じたなら、それに挑戦してください。

私たちは自分の人生を最大限に生きており、傍観者として座っているだけでは、私たちが持っている夢を、小さなものから大きなものまで、現実の断片に変えることはありません。 どんな夢を追い求めても、公園を散歩することは決してありません。 それは困難であり、私たちは動揺して倒れ、打ち身をして怪我をしますが、決して落胆することはなく、特に単なる観客である他の人々によって落胆することはありません。 謙虚さのレッスンとして、強化のレッスンとして、洗練のレッスンとして、人生を最大限に意味のある私たちの執拗な追求のすべてのステップを踏み出してください。 人生は私たちを洗練するるつぼであり、私たちは私たち全員を集め、すべてを宝石に洗練する必要があります。

We have all heard of the familiar proverb, “Don’t judge a man until you’ve walked a mile in his shoes.” I try my best not to judge another person’s journey as each of us have challenges.

I have walked my life journey with near death at birth, conquering many physical and health challenges, and life’s many puzzles, and am still walking. If someone, old or young, has not walked in my shoes for even a mile, then he or she, has no reason to criticize my journey. I am perfectly at peace at the paths I have walked, and the choices I have taken in my learning, careers, and business. They may seem simple to many, but I am content.

At every pause point you can find today, or any day, ask yourself, “am I content that I have done my best in pursuing my life’s goals, my learning and my work?”

Dr Seamus Phan のCTO兼コンテンツ責任者です McGallen & Bolden。 彼はテクノロジー、戦略、ブランディング、マーケティング、リーダーシップトレーニング、危機管理の専門家です。 この記事は彼に同時に表示される可能性があります ブログ。 接続する LinkedIn。 ©1984-2020 Seamus Phan 他 全著作権所有。