メディアはきれいな場所ではありません。 メディアで何かを読んだり、聞いたり、見たりしても、戦争、自然災害、制裁、一般的な不安定または不安定なビジネス環境に至るまで、常に悲観的な運命のニュースが待っています。

幸いなことに、世界経済には明るいスポットがあります。 たとえば、成熟したG7経済のうち、ドイツ、イギリス、そして確かにアメリカは、 成長。 そして、より冒険的なビジネス、エチオピア、ウズベキスタン、ネパール、インドのために 手招き.

5年2017月XNUMX日、シンガポール 発表の that two prominent government agencies, International Enterprise Singapore (IE Singapore), and SPRING Singapore, will merge into a new agency, Enterprise Singapore, by 2018, to help Singapore companies grow and go global. The two agencies bring formidable expertise, where IE Singapore helps Singapore companies go global, and SPRING Singapore builds capabilities for companies. The marriage is ideal, especially since Singapore is primed as a regional hub for business, and an excellent springboard for ambitious Singapore companies to grow beyond its shores.

中小企業(SMB)は、この合併から特に利益を得ます。 結局のところ、グローバル化した企業の80%は SMB.

シンガポールは優れたインキュベーションの場であり続けますが、南北アメリカやヨーロッパなどのより大きな市場への飢餓は、SMBが競争の激しい成熟した経済で成功するためにより多くの能力を持たなければならないことを意味します。 これらの成熟した経済は、規制順守、技術、投資、人的資本、マーケティング、ブランディングなど、多くの点で許されません。 この例えは、ラウンジで10,000名の少人数の聴衆の前で演奏する新進のミュージシャン、スタジアムコンサートでXNUMX名の洗練された音楽愛好家の前で突然演奏するようなものです。 中小企業にとって、飛躍的な進歩は容易なことではありません。

Singapore SMBs can expand globally by setting up shop in foreign lands, leasing office or factory spaces, recruiting people, and growing organically. Or they can “marry” through mergers and acquisitions (M&As), and have an instant footprint in the countries they expand to. Both methods present challenges and opportunities.

In the case of M&As, having transparency in the deals become paramount, as liabilities may not just be financial, but infrastructural as well. For example, should a Singapore SMB merge with another entity, would their IT systems, from operating systems, business applications, data formats, and even mobile apps, be compatible and eventually be able to be converged into a singular system successfully? What kind of further investments are needed for such convergence?

データのプライバシーとセキュリティも、特にヨーロッパで海外に展開する際に考慮すべき重要な問題です。 差し迫った一般データ保護規則(GDPR), which will supersede the Data Protection Directive, will start in May 2018 next year in Europe. For example, a Singapore SMB merging with an Europe counterpart selling to consumer markets, would have to ensure that its software and platforms protect the privacy and data of consumers, or face punitive measures. Therefore, Singapore SMBs need to be prepared to investigate and implement holistic software audits and tweaks for such compliance. A good starting point would be the ISO/IEC 27001 Information Security management from the International Organization for Standardization (ISO).

While human capital is a critical component for any business, it will be exceptionally trying for small and large businesses alike. There are many pitfalls, especially in mature economies. The labor regulations are intricate and complex, and Singapore SMBs must have deep expertise before setting foot in these lands, so that they are quickly plant their roots there with little hassle. IE Singapore unveiled the Wholesale Trade Industry Transformation Map (ITM), by the Honorable S Iswaran, Minister for Trade and Industry (Industry), on September 6, 2017, that the agency intends to help the trading sector in Singapore to expand globally, with a focus on digitalization and skills development. The trading sector, according to the IE Singapore ニュースリリース, contributed S$47.3 billion (12%) to Singapore's GDP in 2016. Singapore businesses should document their best practices, using approaches such as the ISO 9001 for Quality Management, and the ISO 14001 for Environmental Management.は、XNUMX年にシンガポールのGDPにXNUMX億シンガポールドル(XNUMX%)を貢献しました。シンガポールの企業は、品質管理のISOXNUMXや環境管理のISOXNUMXなどのアプローチを使用して、ベストプラクティスを文書化する必要があります。 Once documented, these documents can be shared with foreign employees and business units to ensure a shared vision and field action.文書化されると、これらの文書を外国人の従業員や事業部門と共有して、ビジョンと現場での行動を共有することができます。

競争の激しい成熟した経済では、マーケティングとブランディングは無視できません。 一部の企業は、シンガポールでのマーケティングやブランディングなしで生き残ることが可能ですが、戦略的なマーケティングやブランディングへの投資が成熟した経済で行われない限り、深刻な足がかりを得ることは事実上不可能です。 ブランディングは、シンガポールのSMBが細心の注意を払う必要のある分野です。たとえば、会社の名前、そのブランド、製品は、一意であり、商標である必要があります。 単なる例として、一般的な辞書の単語はお勧めできません。 今日のデジタル世界の流星から学び、多くの良い命名例を見つけることができます。

知的財産のもうXNUMXつの関連分野は著作権です。 シンガポールのSMBは、海外に拡大する前に、著作権と商標について適切なIP弁護士を雇う必要があります。これらの費用はかなりの額になることがありますが、必要です。

シンガポールのSMBが翼を広げて海外に進出したいと考えるのは当然です。 成功の度合いはさまざまですが、多くの人がそれを行っています。 政府の協調した機械が距離のための追加の燃料になるので、今はシンガポールのビジネスにとってさらに良い時期です。

PS –この記事は最初に アジアタイムズ (これは編集されていないバージョンです)。

Dr Seamus Phan のCTO兼コンテンツ責任者です McGallen & Bolden。 彼はテクノロジー、戦略、ブランディング、マーケティング、リーダーシップトレーニング、危機管理の専門家です。 この記事は彼に同時に表示される可能性があります ブログ。 接続する LinkedIn。 ©1984-2020 Seamus Phan 他 全著作権所有。