McGallen & Bolden アジア

訴訟ではなく、顧客にサービスを提供する

日本茶道

顧客が請求書を支払い、会社の存続を保証するので、会社が支払った顧客を訴えることは馬鹿げているようです。

eコマースプラットフォーム上の製品について否定的なレビューを投稿し、ベンダーからの「排除措置」の手紙で脅かされた顧客についての話がありました。 ありがたいことに、話はおびえた顧客にとってうまく終わりました。 eコマースプラットフォームは、ベンダーをそのプラットフォームから排除しました。 ベンダーは、顧客に謝罪して関係を修復しようとするのは賢明ではありませんでしたが、代わりに、この事件のために仕事を失う必要があるかもしれないとウェブサイトで述べました。 カスタマーサービスの誰もがこの応答を見て、「何?」と言います。

ベンダーと顧客の関係が行き来できるのと同じように、関係も行き来できます。 それは「死ぬまで私たちが別れる」シナリオではありません。 商取引関係が両方の当事者のために機能する場合、それは続きます。 どちらか一方または両方の当事者が、関係が実を結んでいない、または善意を生み出していないと感じた場合、おそらく会社を離れる時です。 それは商業的な関係であり、そのような残忍な法廷闘争が現場で投げられるべきではありません。 起こることが許されるべき最悪の事態は、会社を離れることです。

カスタマーサービスは決して簡単なものではありません。顧客が市場をより理解し、ニーズと欲求がより高度になるにつれて、顧客の要求はますます高まっています。 私たちがサービスプロバイダーまたはベンダーとして顧客のニーズを満たすことができない場合は、相互に実りある方法で関係を継続することを期待して、最善を尽くして修正するか、少なくとも顧客が善意で去れるように十分な修正を行います私たちから。 世界はどんどん小さくなっており、ビジネスは厳しいですが、最善を尽くすことができます。 収益や関係の維持という点で常に勝つとは限りませんが、関係が継続できない場合でも、少なくとも友好的な結末を目指して、できる限り最善を尽くします。

訴訟は友だちに勝つことはなく、通常はそもそもそこにいない敵のみを作成します。 剣で戦う者は滅びる。 同盟国、パートナー、または可能であれば友人としてビジネスをしましょう。 世界には十分な苦しみがあります。 少ないことで実現できます。

訴訟ではなく、顧客にサービスを提供する
トップにスクロール