エージェンシーとクライアントという方程式の両側にいるので、私は関係に最適なものを知っています。 それは双方のために働くパートナーシップです。

最近、私はRFP(提案依頼書)についていくつかの記事を読み、一部の機関がそれらについてどのように懸念しているのかを読みました。

誤解しないでください。RFPを作成して、いくつかの代理店にあなたのアカウントを売り込むのには十分な理由があります。 プロジェクトが長期的で巨大なものを要求する場合、それは時々理にかなっています。

多くの代理店は、かなりの人員、財務、時間のリソースを必要とする大規模なプレゼンテーションに対してピッチ料を請求します。 見込み客は、実際の支払いアカウントに取り組んでいる機能している代理店が時間、お金、人々を売り込み、最高のアイデアを絞り出すことに専念することを期待しているため、それは妥当です。 見込み顧客がピッチ料を支払う意思がある場合(代理店が関与すると、それが保持料の一部となる場合があります)、見込み客が代理店に対してそうであると言うように、見込み客は真剣に見えます。 みんな勝ちます。

小さなプロジェクトの場合、率直に言って、多くの代理店にピッチを依頼する必要はありません。 手数料は少額で、プロジェクトはその場限りであり、代理店を指名する決定はそれほど難しいことではありません。 RFPを作成してすべての代理店に売り込みを依頼するのではなく、代理店の背景とポートフォリオを調査し、素敵なチャットに会うことさえも、見込み顧客が問題の代理店かどうかを見極めるには十分すぎるほどです。適切かどうか。

エージェンシーはビジネスとして存在します–良い結果を生み出し、家族を支援することを意図する真面目なビジネス、コミュニティの構造において小さな違いをもたらすことを意図する真面目なビジネス、利益を返すことを意図する真面目なビジネスではありません地面に走ります。 同様に、クライアントはビジネスとしても存在します。また、良い結果を求め、家族をサポートする人々を雇用する真面目なビジネスでもあり、コミュニティに変化をもたらし、利益を還元することに真剣に取り組んでいます。

したがって、製品やサービスと引き換えに、双方が時間どおりに料金を支払うことでお互いに面倒を見てくれる公平なパートナーシップが、経済の車輪を回すものです。 いい商売です。 それは結婚のようなものであり、それは双方からのコミットメントを要求し、そして双方は公平な方法でお互いのために働いています。

Dr Seamus Phan のCTO兼コンテンツ責任者です McGallen & Bolden。 彼はテクノロジー、戦略、ブランディング、マーケティング、リーダーシップトレーニング、危機管理の専門家です。 この記事は彼に同時に表示される可能性があります ブログ。 接続する LinkedIn。 ©1984-2020 Seamus Phan 他 全著作権所有。