一般的な揚州チャーハンは、多くの中華料理店や小さなレストランで定番ですが、一見シンプルな料理の中に中華鍋料理の最大の強みのいくつかが含まれています。 揚州チャーハンはマーケティングとどのように関係していますか?

揚州チャーハンは、実際には中国本土の揚州の料理ではありませんが、かつて揚州の治安判事であった清王朝の李晋庄(1754年から1815年)によって作成されました。

初心者のための揚州チャーハンとは何ですか? それは、ご飯、チャーシュー(豚肉のバーベキュー)、エビの調理または揚げ物、細かく刻んだネギ、そして最も重要なのは卵黄を使った料理です。 揚州チャーハンの良い皿には、まとまりのない明確な米粒が含まれている必要があり、各粒には卵黄が十分にコーティングされている必要があります。また、皿はねばねばしたり油っぽい味がしてはなりません。 これらすべての一般的な成分を混ぜ合わせたものの信じられないほどの香りがあり、それが正しく行われたときにこの料理を思い出深いものにします。

私たちの多くは揚州炒飯の中華鍋を炒めることを試みてきましたが、マスターシェフは、何十年にもわたる堅実な調理経験を必要とする一見最も平凡な料理のXNUMXつであることを知らせます。 これは、実際に経験することなく作り上げることができる料理ではありません。

マーケティングでは、揚州チャーハンの美味しい料理のようでもあります。 それは、市場の戦場の猛暑と爆風の中で、フィールドテストされた無限の中で何度も何度も行われる最良の規律です。 マーケティングは初心者が指揮する分野ではなく、謙虚さ、実践、絶え間ない学習、そして私たちのほとんどは、合計を単なる部分よりもはるかに大きくするさまざまなコンポーネントのコアの長所を統合する必要があります。

揚州チャーハンの各成分はシンプルですが、それぞれに注意深い準備が必要です。 エビは適切にきれいにされ、殻から取り出されて、十分に調理されなければなりません。 チャーシーはそれ自体が別の科学であり、マリネ、調理、揚げ物、細かく切る必要があります。 春玉ねぎは細かく刻む必要があるので、中華鍋で揚げるときに料理全体の味を圧倒せずに香りを開花させることができます。 また、ご飯も無頓着なものではなく、ご飯を使用する前に一晩保存する必要がある場合もあります。

マーケティングでは、広報、ソーシャルメディア、広告、ダイレクトマーケティング、イベント、モバイルマーケティング、内部コミュニケーション、危機防止、市場調査などがその一部になります。 多くのコンポーネントがあり、他のコンポーネントを圧倒するようなものはありません。また、これらすべてのコンポーネントをエレガントにまとめて、それぞれよりもはるかに優れたマーケティング機械を作成する、幅広い中華戦略(中華鍋とフライの温度とスキルに似ています)が必要です。マーケティング戦術/チャネル。

次に揚州チャーハンの良いお皿に座ったとき、私たちのマーケティング担当者は、完璧な揚州を作成するために長い時間苦労してキッチンで働いていた彼らの背後で何十年もの経験を必要としたマスターシェフのようであることを思い出してくださいチャーハンは、一見シンプルな印象でありながら、感動させるほど魅力的な味わいです。

魔法を起こしてください。しかし、すべての魔法の背後には、涙とハードワークの汗から痛々しく構築されたコアの強さのセットがあることを覚えておいてください。