It is often both sad and laughable when I read in the media about restructuring of ailing companies, that the one and only strategy these "leaders" execute, is to fire people and cut costs.

確かに、四半期ごとのバランスシートは株主や取締役にとって見栄えが良くなるでしょう。 紙の上では、会社は赤から黒に戻りました。 紙の上では、収益性があるように見えます。 紙の上では、少なくとも理事会にとっては、物事は再び見直されています。 そして、このまったく役に立たない紙片は、通信機器を通じて一般に広まり、その後すべてのものがバラ色に見えることを関係者に喜ばせます。

But as you and I know, from decades of past history, this rosy story does not last. Often, the inevitable sets in. The company runs out of good news, because there is only that many people you can fire, and there are only that many corners you can cut, and there are only that much costs you can slice off from the already negative territory. And then, well, the company can only limp along, announce the firing of the leader, and await either a crippled company with no morale and no innovation, or worse, death of this company. This story is not new, and yet, it happens again and again simply because stakeholders care only for the short term, and neglect that companies are like babies and children - they need lots of sustained resources and time, in order to simply survive. To thrive takes a lot more.

リーダーシップをどのように定義すべきですか?

The notion to "lead" is simple. Leaders should have the conduct and behavior to guide and direct his people to a successful conclusion. For example, the leader of an orchestra is to successfully conduct his people to a beautiful conclusion of a music piece. You would not want an orchestra conductor who fires part or most of the orchestra would you? You would not want an orchestra conductor who cuts corners by shortening music pieces, or uses cheap lousy instruments, would you?

では、どのようなリーダーがいるのでしょうか。 本当にXNUMXつしかありません。

1. Foolish "leaders".

I cannot really call these people leaders as they are not leading. Leading by definition is about sustainable successful outcomes. "Leading" people to doom and failure is not leadership. Foolish "leaders" show certain characteristics, and you can find lots of these examples in human history. They fire people (and in human history, even executed them). They cut corners thinking that would shorten processes and streamline productivity, invariably cutting into quality. They cut costs at all costs, without considering why some costs exist in the first place. For example, they may cut costs in basic staff amenities such as a canteen or the pantry, but they continue to enjoy executive perks and benefits. They may cut costs in annual staff events, while they continue to enjoy first-class travel and accommodation. It just smells bad to the employees who are slaving for the company, especially when the company is not doing well and heading for oblivion.

2.スマートリーダー。

ばかげたものからの大きな飛躍は賢いリーダーです。 賢いリーダーたちは抜け目がなく、会社を成長させる必要があることを知っています。 彼らは人を雇い、プロセスを合理化して生産性を向上させ、人が実行できるように優れたインフラストラクチャを構築しました。 そのような会社は成長し、成功することができます。

3.賢明な指導者。

しかし、リーダーシップの飛躍的な進歩は、多くの場合、単純に(それほど単純ではないが)人々に刺激を与え、動機付けをし、企業に成功させるために、企業に適切なことを行うように人々に力を与える賢明なリーダーを持つことです。 人々を鼓舞し、やる気を起こさせるという単純な仕事のように見えるのは、現実的に最も難しいことです。 これは、多くの人々が利己的でパワーを渇望する傾向があり、エンパワーメントが成功への劇的な上昇につながる可能性があるという概念を理解できないためです。 常に、電力に飢えた人々は人々を抑圧し、いじめ、平凡な人々だけを雇います。 逆に、賢明なリーダーは多くの場合、自分よりも優れた人材を採用するため、企業に最大の成長と利益をもたらすことができます。 賢明な指導者は自信があり、自分の居場所を知っているので、誰からも脅されているとは感じません。 それでも、彼らは謙虚で人柄的であり、彼の人々に力と狡猾さを使う必要はありません。 最後に、スタッフの士気は高く、人々は会社と連携して成功することに意欲を感じるでしょう。 人々は会社を助けるためにアイデアを提供したいと思うでしょう。 そして、賢明な指導者は、一緒に労働の共同成果を楽しみながら、単に彼の人々を結集することができます。

では、どのようなリーダーシップを期待していますか? あなたの組織では、どのようなリーダーシップを育んで開発していますか? そして、リーダーシップに悪い実例がある場合、あなたの組織で治癒と将来の成長を可能にするために悪いものを取り除くためにどのくらい切迫して決定的でしょうか? 答えは簡単です。

著者について

上へスクロール