McGallen & Bolden アジア

お客様は常に正しいですか? 結構です。

変わった

「顧客は常に正しい」という古くからのアイデアのXNUMXつは、常にサービスプロバイダーを悩ませてきました。 サービスプロバイダーが顧客を優しく扱いたいからではなく、顧客サービスの展望が過去数十年から進んでおり、今日の世界ははるかに洗練され、複雑になっています。

今日の顧客は、もはや古い顧客ほど忠実ではありません。 から選択するより多くのオプションがあります。 経済は、昔のようにもはや堅牢で持続可能ではありません。 マクロ経済レベルとミクロ経済レベルの両方で考慮すべき政治的および社会学的要因がはるかにあります。 忠誠心はますます一時的であり、最近はつかの間です。

したがって、常に有料の顧客としてあなたの道を歩むことができると主張することは、サービスプロバイダーがあなたを顧客として見なければならず、あなたが何をもたらすかを意味するでしょう。 それは奴隷制度ではなく、パートナーシップです。 そして、パートナーシップが進むにつれ、それは公平で献身的な、相互に有益な関係でなければなりません。

サービスプロバイダーは、お客様の要件に専門的に対応するために最大限の努力をし、それを在職期間との温かい関係に確実に高めます。 在職期間は重要であることに注意してください。プロバイダーがあなたをすぐに王族のように扱い、あなたが持っているニーズの微妙なニュアンスをすべて知っているとは期待していません。 それには時間がかかります、そしてそれはあなたが長期間にわたってこのパートナーシップと関係にコミットしなければならないことを意味します。

顧客の視点から見ると、サービスプロバイダーは、提供されるサービスと提供される製品に対する公平な報酬も期待します。 サービスプロバイダーが関係を維持できなくなるまで顧客が報酬を調整した場合、それ以上のパートナーシップはありません。 顧客が報酬と同等ではない非現実的な要求を行う場合、再び、そのような関係が続くことを期待することは困難です。

サービスプロバイダーと有料の顧客との間に完全に栄養を与えられた関係とパートナーシップを持つことは不可能ではありません。 相互の合意、相互に有益な条件(多くの場合、遵守される支払条件に対するサービスプロバイダーの適切な報酬を意味します)、および双方からのマナーとプロ意識が必要です。 そして、商業的な関係が永遠に続くとは期待できませんが、双方が関係を良くし、それが続く限り、相互に尊重して扱うことができます。

お客様は常に正しいですか? 結構です。
トップにスクロール