映画(リールライフ)は実生活を反映しています。 多くの場合、映画のテーマは実際の物語に触発されました。 したがって、PRの実践者やコミュニケーターとして、文化的感受性と繊細さを学ぶことは非常に重要です。

ほとんどの場合、クライアントが情報を広めるとき、それらの情報は、米国、ヨーロッパ、LATAMなどからのものであるかどうかにかかわらず、識別し、状況に応じて翻訳し、メディア、利害関係者、および一般の人々に情報を中継する必要があります。 私たちが受け取った情報は、せいぜい臨床的なものであることが多く、文化的に微妙で受け入れられる形式と内容に翻訳するのは私たちの責任です。

APACでも、文化的なニュアンスは多様です。 シンガポールはかなり「西洋化された」州であり、そのため、居住者はアメリカやヨーロッパのメッセージに簡単に一致し、多くの翻訳や文脈マッピングなしでそれを受け入れることができます。

ただし、同じコンテンツには、中国本土、台湾、韓国、日本、タイ、インドネシアなどの場所での文化的な調整と編集が必要になります。 ローカリゼーションとコンテキスト化が不十分な場合、同じメッセージングが通過して無視される可能性があります。

映画「落ちてくる花びらのような愛(桜の術僕の恋人)」は、#respect、礼儀のXNUMXつでありながら、巧みな操舵で相手を安心させる日本の精神を伝える傑作です。 。 それは美術であり、特に困難で、感情的で、爆発的なシナリオでさえ私たちが学ぶことができるものです。 これは、PR、コミュニケーションだけでなく、政治や外交においても特に役立ちます。

PS –プロットを提供するつもりはありませんが、可能であれば、それを見てください。 見事なティアジャーカーです。